絵本パパお月さまとってのあらすじ(内容)と感想は?動画や大型絵本も

パパお月さまとって

 

「はらぺこあおむし」でお馴染みのエリック・カール氏のしかけ絵本「パパお月さまとって!」のあらすじ(内容)と感想、動画についてご紹介します。

 

「パパお月さまとって!」の大型絵本もあるのかな?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

パパお月さまとって!のあらすじ(内容)は?

 

パパお月さまとって

 

ある晩、少女モニカは寝る前にお月さまがとても近くに見えたので、手を伸ばしました。でも、お月さまには届きません。

 

 

「パパ、お月さまとって!」

 

 

モニカのパパは長い長いはしごを高い高い山にかけて、登って行きました。そして、大きな大きな丸いお月さまの所へたどり着きました。

 

 

けれど、お月さまが大きすぎて、モニカのいる家には持って帰れません。どうしようかと思っているとお月さまが言いました。

 

 

「私は毎晩少しずつ小さくなっていくんですよ。ちょうどよい大きさになった時、連れて行っていってくださいな。」

 

 

本当にお月さまはだんだん小さくなっていったので、約束通りちょうどよい大きさになった時に、パパはお月さまをモニカの元へ持って帰りました。

 

 

モニカは喜んで、お月さまと飛んだり踊ったりして遊びました。その間もお月さまはだんだんだんだん小さくなっていきます。

 

 

そして、とうとうポッと消えてしまいました。さて、お月さまは何処へ行ったんでしょうか?というお話です。

 

 

パパお月さまとって!の感想は?

 

 

あの「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カール氏の絵本なので、しかけと色彩が豊かで壮大な絵本ですね。

 

 

特に、真ん中くらいのまんまるお月さまのページは、元々も大きな絵本がしかけで倍くらいになってしまいます。

 

 

エリック・カール氏は、絵の具で色を塗って、この絵本を描いているのではありません。

 

 

絵の具で青だったら様々な青色を紙に塗って、独特の青色の紙を作ります。その紙を切り取って、貼り付けて絵を作っているんですよね。

 

 

なので、深い色合いのイラストが出来上がるんです。芸術的にも奥深い絵本ですよね。

 

 

そして、この絵本はお月さまの満ち欠けについて、自然と学べる絵本です。お月見の時なんかに読むとよいですね!

 

 

気を付けて欲しいのが、綺麗にしまわないと閉じることが出来なくなってしまいます。

 

 

パパお月さまとって!の動画はある?

 

 

「パパお月さまとって!」の動画はあります。「えほんよみきかせ隊」さんによる「パパお月さまをとって!」の読み聞かせ動画です。

 

 

【YOUTUBE動画】

 

 

パパお月さまとって!の大型絵本はある?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

「パパお月さまとって!」には通常版の28×20センチのハードカバー本はもちろん、それの英語版の絵本あります。

 

 

また、通常版よりも一回り小さめの17×12センチの厚紙絵本ボードブックもありますよ。それはベッドでも読みやすいサイズですし、厚紙なので破けにくくなっています。

 

 

そして、大型絵本は「【送料無料!】ビッグブック パパ、お月さまとって!」で検索すると、アマゾン、楽天ブックスで購入出来ます。

 

 

59×42センチのまさしくビッグブック!圧巻です!!価格は11880円です。通常版は1728円、ボードブックは972円になります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください