絵本どろんこハリーのあらすじと伝えたいことは?対象年齢とグッズも

どろんこハリー

 

今から50年以上前に書かれた絵本にもかかわらず、今も色あせずに多くの人から愛されているどろんこハリー。

 

今日はそんなどろんこハリーのあらすじや伝えたいことをご紹介します。対象年齢やグッズも紹介!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

どろんこハリーのあらすじは?

 

どろんこハリー

 

どろんこハリーはくろいぶちのある白い犬です。なんでも大好きだけど、お風呂に入る事だけは大嫌い。

 

ある日お風呂にお湯を入れる音が聞こえてきたのでハリーは体を洗うブラシを庭に埋めて、逃げ出します。

 

ハリーは道路工事現場で泥だらけになり鉄道線路の橋の上ですすだらけになりほかの犬とおにごっこしてもっともっとよごれます。

 

あんまり汚れてしまったので、くろいぶちの白い犬ではなく、白いぶちのあるくろい犬になってしまいました。

 

もっともっと遊びたかったけど、おうちの人に本当に家出したと思われても大変ですし、おなかもすいたので、ハリーは走っておうちに帰ります。

 

うちに帰ったハリーは、あまりにも汚れていたので、自分がハリーだと気が付いてもらえません。

 

がっかりしたハリーは、自分がハリーだと気づいてもらえるアイデアを思いつきました。

 

庭に埋めたブラシを掘り起こし、お風呂に飛び込むと、洗ってくださいとアピール。

 

子どもたちが力を合わせて、きれいに洗うと、そこにいたのはハリーだと、みんなが気付いてくれました。

 

自分のおうちの心地よさを再確認したハリーは、楽しい夢を見ながらぐっすりと眠りました。

 

どろんこハリーの伝えたいことは?

このお話はお風呂嫌いのハリーがお風呂に入りたくないあまり、家出をして行く先々で汚れて、夢中になって遊んだあとは、家に帰ってくる、

 

文字にしてしまうとなんてことのないお話ですが、じっくり読んでいくとハリーの気持ちが私たちと同じなんだと、気づくことができます。

 

ハリーが外で夢中になって泥だらけで遊ぶことができるのは、居心地の良い自分のおうちがあって、待つていてくれる家族がいるからではないでしょうか。

 

自分の子どもが外で思いっきり遊んだり、お父さんやお母さんがいくら大変なことがあっても外で頑張ってお仕事をしたりできるのはやっぱり居心地の良い我が家があって、気持ちをリセットできるからなんですよね。

 

そんな気持ちに気づけたなら、その日は家族にちょっとだけ優しくできるかもしれません。

 

どろんこハリーの対象年齢は?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

読み聞かせるなら4歳くらいからがおすすめです。

 

思いっきり外で遊ぶシーンは、こどもにとってうらやましかったり、共感したりできるところではないでしょうか。

 

イラストも優しいタッチで描かれており、日本の絵本とはまた違った様子を見て取ることもできます。

 

ハリーの人気グッズは?

ハリーみたいな犬が欲しい!そう思った方には、ぬいぐるみはいかがですか?

 

サイズは2タイプあり、人気のほどがうかがえます。

 

どろんこハリー ぬいぐるみ(S) ゆうパケット不可

 

 

大きい方が25×14×13、小さい方が20×10×14。

 

いつも持ち歩いたら本当に、どろんこハリーみたいになってしまうかも!

 

どろんこハリー [ ジーン・ジオン ]

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください