絵本ぐるんぱのようちえんの内容(あらすじ)と対象年齢は?ねらいについても

%e3%82%b0%e3%82%8b%e3%82%93%e3%81%b1

 

こどもがだいすきな大きなぞうさんが主役の「ぐるんぱのようちえん」のあらすじや対象年齢についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

ぐるんぱのようちえんの内容(あらすじ)は?

 

 

%e3%82%b0%e3%82%8b%e3%82%93%e3%81%b1

 

ぐるんぱはとってもおおきなぞうです。ずっと一人で暮らしてきたのですごくきたなくて、くさーいにおいがします。そしてさみしがりやで泣き虫でもあります。そんなぐるんぱを働きに出そうとジャングルのぞうたちは決めました。

 

身支度を整えたぐるんぱは、ビスケットやさん、お皿やさん、靴屋さん、ピアノ工場、自動車工場、いろいろなところで働きますが、どれもうまくいきません。

 

最後に出会った子だくさんのお母さんに頼まれて、子供の相手をしているうちに、ぐるんぱはようちえんを開くことにしました。

 

今まではうまくいかなかったけれど、ビスケットやさんで作ったビスケットや、大きなお皿や靴などは子どもたちにとっても喜ばれ、ぐるんぱのようちえんは大成功!ぐるんぱは自分の居場所を見つけることができました。

 

ぐるんぱのようちえんの対象年齢は?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

読み聞かせてあげるなら4歳くらいからがおすすめです。カラフルなイラストや、繰り返し出てくるストーリーは次はどうなるの?という想像力を掻き立てられます。

 

特にぐるんぱがお仕事で失敗したあとにでてくる「しょんぼりしょんぼり」は、ぐるんぱががっかりしている様子をよく表しています。

 

失敗を重ねるごとに「しょんぼり」が増えていき、最後には本当にがっかりしてしまいます。

 

大人でも何度も失敗をすると落ち込みますよね。でもぐるんぱの様に何度失敗しても、一生懸命前へ進もうとする姿勢は、子どもだけでなく、私たちも見習いたいものです。

 

ぐるんぱのようちえんのねらいとは?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

 

ぐるんぱは泣き虫ですが、どんな時でも一生懸命与えられた仕事に対して取り組みます。

 

一生懸命やってもうまくいかなかったり、認めてもらえなかったり、それは大人でも子どもでも同じですよね。大切なのは、その時を一生懸命生きる事。

 

うまくいったり失敗したり、そんなことが積み重なって、自分の得意なもの、自分の居場所が見つけるきっかけになるのではないでしょうか。

 

一生懸命やった経験は自分の財産です。失敗も挫折もすべて未来の自分の為になります。

 

ぐるんぱのようちえんを通じて、様々なことに挑戦する気持ちを子どもたちに持ってもらいたいものです。

 

そして私たち親は、子どもたちの未来の為に、そんな機会をたくさん作ってあげたいですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぐるんぱのようちえん [ 西内ミナミ ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/12/12時点)

 

↑ 楽天はこちらから ↑

↓ アマゾンはこちらから ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください