だるまさんの(絵本)のあらすじや対象年齢は?感想やねらいについても

%e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae

 

だるまさんシリーズ3部作、そのなかから「だるまさんの」についてのあらすじや対象年齢についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

「だるまさんの」のあらすじは?

 

%e3%81%a0%e3%82%8b%e3%81%be%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae

 

眼鏡をかけただるまさんの愛らしいイラストが表紙の絵本、「だるまさんの」。ページをめくると、コミカルに動くだるまさん。

 

「だるまさんの」のリズムに合わせてさらに読み進めると、潔いほどの一文字が!「目」や「手」などのセリフとともに、インパクトのあるかわいいイラストで思わず笑ってしまいます。

 

一文字で表せる体の部分は他に何があるでしょうか?どれもなるほど!そうきたか!というユーモアたっぷりです。

 

また、「だるまさんの」のページには毎回同じではなく、次に何が出てくるかのヒントがこっそりと描かれています。

 

単なる繰り返しのお話ではなく、よく見ると作者のこだわりが細部まで感じられるので、短いながらも読むたびに新しい発見があるかと思います。

 

実際にだるまさんを見る機会は少ないと思いますが、外でだるまさんを見る機会が出来たら、思わずじっと見つめてしまいそうです。

 

対象年齢は?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

1歳を過ぎたお子さんにおすすめですが、0歳の赤ちゃんでも、読み聞かせると泣きやんだり、じっと見たりしてくれるそうです。

 

表情がわかりやすくて、大きなだるまさんのイラストは、集中力の無い小さな子供でも、興味を持ってくれます。字も少なく、テンポがいいので、読み聞かせのスタートにはぴったりです。

 

感想とこの絵本のねらいも

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

本に合わせてだるまさんと同じような顔真似をするのがおすすめ。

 

小さい子にとって、目や歯を覚えるいいきっかけにもなりますし、こんなユニークな顔真似ができれば、子どもがぐずった時も、「だ・る・ま・さ・ん・の」と声をかければ、ピタリと泣き止んでくれるかもしれません。

 

ポイントは「だ・る・ま・さ・ん・の」のあとにたっぷりと間を置くこと!次に何が来るのか、子どもはそんな間が大好きなんです。

 

また、「だるまさんの」の部分をお子さんの名前に変えて読んであげると、とっても盛り上がりますよ。「○○ちゃんのおめめはどこかな?」といった会話を楽しむのもいいですね。

 

だるまさんの絵本は、シリーズになっており、全部で3冊あります。どれもハズレが無く、子ども受けは抜群です。

 

子どもと大人は、面白いと思うツボが違うことが多く、大人には面白くても、反対に子どもには面白くても、ということはよくありますよね。でも「だるまさんの」は親子一緒に笑って楽しめる絵本です。

 

↓ 楽天はこちらから ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

だるまさんの [ かがくいひろし ]
価格:918円(税込、送料無料) (2016/12/12時点)

 

↓ アマゾンはこちらから ↓ 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください