2歳児の絵本でおすすめは?(電車系も)人気シリーズやランキングを紹介!

2さい

 

 

2歳児向けの絵本ランキングは?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

第5位「いろいろバス [ tupera tupera ]

 

 

「あかいバスがやってきました」「ごろごろトマトがおりてきて」「にゅるりとタコがのりました」次はきいろいバス、次はみどりのバス。

 

 

誰が降りて、誰が乗ってくるのかな?思いもしない食べ物や動物が降りたり乗ってきたりしてとても楽しいバスの絵本です。

 

 

読み終わった後に「この色だったらどんな動物が乗ってくるだろう?」とお子さんと会話しても楽しいかもしれませんね。想像力が掻き立てられます。

 

 

第4位もこもこもこ [ 谷川俊太郎 ]

 

 

赤ちゃん絵本でも紹介しましたが、「もこもこもこ」は2歳児にも人気の絵本です。もこっとにょきっとしたヘンテコな形のイラストと「もこもこ」と擬音語が面白い絵本です。

 

 

大人にはわからない子どもならではの面白さ楽しさがあるようです。

 

 

第3位きょうのおやつは [ わたなべちなつ ]

 

 

「おやつのしたくをはじめよう。」ボールでホットケーキの種をこねこね。フライパンでホットケーキをポン!とひっくり返し、そしてお皿に乗せて…。

 

 

ページを開くと鏡に映った絵が立体的になって、まるでそこにあるかのようです。とってもリアリティのあるホットケーキが今にも美味しそうな匂いを漂わせてきそうです。

 

 

お子さんにとって絵本は180度全部開くものだと思っているので、最初は難しいしかけかもしれませんが、コツを覚えればとても楽しい絵本になること間違いなしです!

 

 

最初だけ、お母さんが手伝ってあげてくださいね。この絵本を読むと「今日のおやつはホットケーキにしよう!」となること間違いなしです。

 

 

第2位はらぺこあおむし [ エリック・カール ]

 

 

子どもから大人まで知らない人はいないんじゃないでしょうか?不動の人気しかけ絵本「はらぺこあおむし」です。

 

 

「アイス」に「チーズ」モリモリモリモリ大きくなるために美味しいものを食べていくあおむしくん。

 

 

けれど、ある日美味しいものばかり食べていたのでお腹を壊してしまいます。でも、美味しい葉っぱを食べたら元通りに。

 

 

そして、ある日、身体に変化が!?最後は何になっちゃうのかな?という絵本。鮮やかできれいな色彩に心を奪われること間違いなしです。

 

 

第1位「しろくまちゃんのほっとけーき」若山憲作

 

 

こぐまちゃんシリーズは2歳児にとっても人気です。こぐまちゃんが絵本の中ですることは2歳児の子が体験したことのあることなので、親しみが持てるからです。

 

 

子どもは食べ物の絵本が大好きで、特に女の子なんかはおままごとも好きですから、作り方が書かれている絵本には飛びつきます。

 

 

お母さんと一緒にホットケーキを作りたくなる絵本です。

 

 

ランキング第6~10位を紹介します。第6位「ノンタンおやすみなさい」キヨノサチコ作、第7位「しろくまのパンツ」tupuratupura作。

 

 

第8位「うずらちゃんのかくれんぼ」きもとももこ作、第9位「わたしのワンピース」西巻茅子作、第10位「いやだいやだ」せなけいこ作です。

 

 

いかがだったでしょうか?ノンタンシリーズは、赤ちゃん絵本の方でも紹介しました。

 

 

「おしっこしーしーしー」や「ぶらんこのせて」など、2歳児が体験することが多くどちらかというと2歳児にかなりおすすめです。

 

 

これを読むと自然に、トイレトレーニングや物の貸し借りなどのお勉強になりますよ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください