絵本こんとあきのねらいと内容は?こんのぬいぐるみやグッズの販売も

%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%82%e3%81%8d

 

昔はきっと大切なぬいぐるみといっぱいお話してお友達だったことを思い出すそんな絵本「こんとあき」の内容とねらいを紹介します。こんのぬいぐるみやグッズの販売情報も紹介しちゃいますよ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

「こんとあき」のあらすじ(内容)は?

 

%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%a8%e3%81%82%e3%81%8d

 

こんは、待っていました。でも待ち人が中々来ないので、こんは、おばあちゃんのいる「さきゅうまち」に帰りたがっていました。

 

 

でも、次にこんが目を覚ますと、こんはびっくりしました。そこには可愛らしい赤ちゃんがいたのです。その赤ちゃんの名前をあきと言います。

 

 

こんは、赤ちゃんがこんなに可愛いものかと喜びました。こんとあきはいつも一緒に遊びました。こんはよだれまみれにされても、しっぽを持たれても、あきのことが大好きでした。

 

 

けれど、だんだんこんは古くなっていきました。

 

 

こんの腕がほころび始めたある日。こんはさきゅうまちにいるおばあちゃんの家へ行くことにしました。あきも着いて行くと準備を始めます。こんとあきの大冒険が始まりました。

 

 

冒険の途中には困難がつきもの!?おばあちゃんの家までたくさんの試練がありました。

 

 

果たして、こんとあきはおばあちゃんの家まで無事にたどり着いて、こんを治してもらうことができるのか?こんとあきの友情ストーリー。心温まるお話です。

 

 

「こんとあき」のねらいとは?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

絵本ではまるでこんが生きているかのような描写になっています。

 

 

でも、大きくなっていくあきとは違いこんは成長しませんし、だんだんと古くほころびてくるんです。

 

 

こんもあきもお互いのことをとても大切に思っています。こんはあきを安心させるように心配させないようにいつでも「だいじょうぶ。だいじょうぶ。」と言います。

 

 

あきもボロボロなこんを一生懸命おんぶして、おばあちゃんの家へ急ぎます。この一冊に感動がギュッと詰まっています。

 

 

この絵本を読んで、お子さんにも思いやりの気持ちや物を大事にする気持ちが育まれるといいですね。

 

 

こんのぬいぐるみやグッズの販売情報は?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

「こんとあき」のグッズは、現在、ガーゼハンカチのみ販売されているようですが、Amazonや楽天では購入出来ません。

 

 

Ehonnaviのみで販売されています。そのガーゼハンカチも2016年5月頃の販売です。

 

 

当時は、こんのぬいぐるみもあったかもしれませんが、絵本関連のキャラクターグッズは、元々生産個数が少ないため売り切れが早いようです。

 

 

「こんとあき」のガーゼハンカチも在庫がすでに少ないと思われますので、気になる方はお早めに購入することをおすすめします。

 

 

こんとあきの対象年齢は?

 

4歳児からの絵本となっています。結構長めなので、4歳児でも日頃から絵本を読み慣れている落ち着きのある子でないと一気に最後まで読むのは厳しいかもしれません。

 

 

ですが、とてもよいお話なので、一度読めばお気に入りになること間違いなしです。また、保護者の方も感動するお話ですので、親子共にお気に入りの一冊になるでしょう。

 

 

楽天はこちらから  ↓

 

 

 

 

アマゾンはこちらから  ↓

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください