絵本わにわにのおふろのあらすじと感想は?対象年齢やパズルについても

111111

強面の外見だけどユーモラスなわにわにの日常が可愛い!

絵本「わにわにのおふろ」。

今回は絵本わにわにのおふろのあらすじと感想は?対象年齢やパズルについてもご紹介します。

スポンサードリンク

絵本わにわにのおふろのあらすじと感想は?

「わにわには おふろが だいすきです。」 「ほら、おふろばに はいってきました。」 お風呂に入りに来たわにわに。

ギロリと鋭い瞳は今にも襲ってきそうです。

「きゅるりきゅるりきゅるり わにわには じゃぐちを ひねります。」お風呂にお湯を入れて、大好きな玩具を湯船に浮かべて、お風呂に入ります。

洗面器を頭にかぶって、シャワーをマイクに見立てて「うり うり うり うり オーイェー」と歌っている姿はとってもお茶目。

ぐにぐなぐにぐな…と身体も拭きます。

確かに、わになのに人間味があるので、全然怖くないですね。

最後はオレンジジュースを飲んで幸せそうなわにわにです。

お風呂にお湯を入れて、お風呂へ入るだけの絵本なんですけど、わにわにの見た目。

そして、お風呂にダイナミックに飛び込んだり、歌を歌ったりユーモラスさが面白いんですね。

わにわにのギャップにやられるのかもしれません。

そして、これを読んだ子どもも普段自分がやっているかもしれない話なのでとっても共感できるんですね。

わにわにシリーズは全5冊あり、他にも「わにわにのごちそう」「わにわにのおでかけ」「わにわにのおおけが」「わにわにとあかわに」があります。

どのわにわにも可愛くてお茶目、そして、きっと子どもも1回はやったことがあるようなどこかで聞いたことがあるようなことなのでおすすめです。

 

「わにわにシリーズ」の対象年齢は?

 

スポンサードリンク

 

わにわにシリーズの対象年齢は1、2歳児です。

保育園でもその年齢のお部屋にあります。

小さい子の絵本って可愛らしいイラストが多いですが、ギロリとした目とギザギザの歯。

しかも版画。

正直一見すると、本物のわにのような野生感が怖いです。

でも、子どもがこの絵本を見て怖がることはありません。

怖いような気がするのにお茶目なわにわにに怖さを感じないのかもしれないですね。

「わにわにのおふろ」は子どもたちにも大人気な作品で、こちらは大型絵本も販売されています。

なので、保育士の方にもおすすめですね。

是非、でっかい「わにわにのおふろ」を子どもたちの前で読んであげてくださいね。

 

「わにわにシリーズ」のパズルについては?

 

スポンサードリンク

 

2010年頃「わにわにのおふろ」の一場面が描かれた子ども用のパズルの販売があったようですが、現在はありません。

その代わり「わにわにメモリーカード」という絵合わせカードの販売があります。

神経衰弱のわにわにバージョンで絵柄を合わせるゲームですね。

文字ではなく、イラスト合わせのゲームなので、数字が読めない数を数えられないトランプの複雑な複雑さがわからない小さな子にもおすすめですよ。

また、わにわにシリーズには「わにわにのかるた」もあります。

絵本でもおなじみの場面に加えて、新たに描き下ろされた季節の行事の情景たっぷりです。

わにわにの絵本では見たことのないわにわにの日常がさらに満喫出来ます!

わにわにの世界観をもっと味わいたい!という方にはこちらもおすすめですよ。

 

スポンサードリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください